« 見たい番組 | トップページ | 夢のような贈り物 »

東京国際フォーラム

ライブから1日経ちました。
いつもなら、直後の感想を自分の気持ちを残したくて、パソコンに向かうのですが、

昨日の夜は、余りに泣きすぎで、あまりに夢の中にいるようで、

とても、書いたり、話したり、読んだり・・・・できず、
このまま夢の中にいさせてーーーという感じでした(大袈裟かな)

そんな本当に素晴らしかったライブ!!!
少しだけですが、感想を書いておきます。
・・・曲目は書きませんが、
  ちょっと歌詞を書いたりします、、、読まれる方はご注意ください。

  あ、メモは取ってませんので、間違っていたらごめんなさい。

 

 >>

 >>

 >>

 >>

 

ーーーーー感想ーーーーー

私の席は、2階後方。
席に着いた時、あまりのステージの小ささにびっくり。
えええ~これで、楽しめるのか!と正直ちょっと不安になりました

でも、始まると!!
本当にぜんぜん気にならないのです。
逆に、曲にものすごく集中できる気がして、中央の青いステージを見つめ、一言も、一音も聞き逃さないように集中することができました。

さあ開演

最初の数曲、わぁ~拓郎すっごく声がでて、のびて、迫力だなぁ~なんて、
まだ冷静に思っていました。

ところが、拓郎のMCがあって、「夏の恋の歌3部作」をと紹介。

この曲は、自分では、まったく気に留めていなかった曲なのですが、
拓郎の話から、詩をじっくり聞いてみて、、、、、

もう、すごく心に響いて!!涙が止まりません。
特に1曲目(若い頃の夏かな)・2曲目(中年頃の夏かな)が、ものすごく心に響いて、
なんで、こんなに響く詩が!!!!1回目の号泣

(もう、この辺から、大泣きの影響で、記憶もあいまいです)

いつもの楽しい曲、楽しい話で大笑いしたり・・・

そして、イントロ・・あれ?これなんの曲だったかな・・・

「夜空に浮かぶ、星に打ち明けよう・・・」
きゃぁぁぁぁ~ここで、この曲、歌ってくれるの!!!
もう、この出だしだけで、2回目の号泣・・・

もう、これだけ、泣いたんだから、もう大丈夫だろうと
ラストのあの新曲です。

会場の大合唱・・・・私もガンバッテ声を出すのですが、

「ヒックヒック・・・おいおい」最後の大号泣状態・・・
なんで?自分でも、わかりません。

私は拓郎ファンだから、こんなに感動するのか?
普通の人がこの場にいたら、どんな気持ちなのか?
うまく説明できないけど、拓郎の曲・詩は本当に心の奥に、グサグサグサと、
ささるんですよね!!!

私は、そんなによく泣くタイプではないし、感動で、こんなに号泣したのは、初めてです。

言葉にあらわせない、「何か」があるんですよね!間違いない!

本当に素晴らしいライブでした。

読み返して見ると、泣いたことしか、書いてない。。。。すみません。

ぜんぜんまとまらないけど、

まだライブで歌ったことのない、やまのような曲!!!
これらを拓郎に歌って欲しい!!!いますごくそう思います。

でも、2時間半がこんな短いなんて、
えええ~もっともっと聞いていたいぃぃ・・・

欲ばってはいけませんね

拓郎!最高のライブ、ありがとう 

最後になりましたが、

会場では、拓友の皆さんにお世話になりありがとうございました。
初めて会う方もいらしたりして、始めは緊張しましたが、馴れ馴れしくあれこれ失礼しました、長い順番待ちも楽しくすごせました。
また、おもいがけず、お会いする事ができた方々もいらして、とてもうれしかったです。
皆さん、素敵で、やっぱり拓郎ファンは違うぞ!
とまた一人感動しております。

|

« 見たい番組 | トップページ | 夢のような贈り物 »

拓郎2009ツアー」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした〜
夢心地でしたね!
そう 中盤の その歌詞の歌は 僕ら立ち上がり 心が痛くてタハハ。
けど 思いませんでした?カントリーの時より
めちゃくちゃ 張りのあるしっかりした歌声と身体に力があり ピッチ(音程)もしっかりしてる。
プログラムラストの 合唱は 気持ち良かったし、
アンコールのあの歌は 自分自身が 生拓初体験の 一曲目!
なんかアンコールのあの歌は しばらく休んだ、拓郎がファンに対して しばらくぶり!久しぶり!と 言ってる様な気がします。
うん 僕のツアー体験は あの歌に始まりあの歌に終わりました。

投稿: やま | 2009年7月 5日 (日) 22時12分

やまさん、こんばんは~。
現地ではお世話になりました
並んでよかったね、本当に夢の中です。

そう!前方はあの曲で立ち上がっていたのね。
ホントに感激だった
2階は拓郎に促されて立ち上がったけど、
それも自然。いい雰囲気でした。
そうそう、客席もみんなすごく集中してて気持ちよかったね。

>拓郎がファンに対して しばらくぶり!久しぶり!と
> 言ってる様な気がします
そうか
うんうん、そうだね。

最高のライブ、一生の宝物でしたね
ツアーは最後だけど、まだまだ続きますよ~

投稿: hiwa | 2009年7月 5日 (日) 23時18分

hiwaさん こんばんは
ご挨拶できてよかったです。
ご挨拶する前もhiwaさんと知らずちょっとお話してましたね。
本当に幸せなライブでしたね。
かっこよかったですね。
曲目も最近やってない素適な曲やってくれてうれしいです。拓郎の暖かい優しさが伝わるライブですね。まだ余韻にひたってます。
またどこかでお会いできるといいですね。

投稿: クッキーママ | 2009年7月 6日 (月) 00時33分

ライヴ前から泣いたりしてまして、なぜに拓郎はこんなにいいんだろうと今、しみじみ考えたり。

どんなに長い時間並んでいてもなんにも苦にならない、これはなんじゃろな、拓郎だからですね(^^)

コメントも支離滅裂ですいません。

フォーラムではお世話になりありがとうございました

投稿: machi | 2009年7月 6日 (月) 00時51分

ボクも時々考えるんだ。
拓郎のライブ会場にいきなり拓郎を知らない人達を放り込んだらと。
今回のフォーラムの曲目リストでは、知識のない人は感動がないんじゃないかな?
真夜タクなんかやった日にゃ、この人なに?といわれそう。

たとえば「外は白い雪の夜」「恋唄」、たった一つの言葉ア・イ・シ・テ・ル…
戦略的に曲を選べは、もともと最強のエンターティナーの拓郎のこと。
ぐっと心をつかんでいくのではないだろうか?

あっ、でも何も知らなかった例の中学生の女の子が、つま恋のビデオをみて
一発でまいってしまったのだから、知らない人でも本物がわかる人はわかる。
感受性のない人間たちはほっておこう。ププッ。

投稿: うみ | 2009年7月 6日 (月) 02時20分

クッキーママさん、おはようございます
並んでいる時とっても感じ良く話してくださった方が、
まさかクッキーママさんだったなんて、驚きました、うれしいです
次回はまた、ゆっくりお会いできたらいいですね。

あまりライブではやってない曲ほど、感動が大きかったように感じます。
もっともっと、素敵なたくさんの曲を生で拓郎に歌って欲しい。
まだまだ続く単発ライブも楽しみですね

投稿: hiwa | 2009年7月 6日 (月) 08時20分

machiさん、おはようございます。
長時間渡り、お疲れ様(あ、ぜんぜん疲れてませんね)
本当にお世話になりました
本当に夢の中にいるようでしたね。
男性さえも大泣きさせる!拓郎の魅力
素晴らしいですね
拓郎に出会えてよかった
CDで聞いても感激ですが。
生の拓郎のスゴさ、心が震えるこの感じ。
やっぱりライブは最高です。

投稿: hiwa | 2009年7月 6日 (月) 08時26分

うみさん、おはようございます。
大泣きしながら、私ってヘンなんだろうか。。。
と、ちょっと考えたりもしました。
よかった、感受性があると思っていいですね。
ちょっと安心しました
拓郎のMCはもちろん楽しいですが、
歌だけのライブ!!なんてあったら、また感涙感激でしょう。
私は、ファン歴が浅いので、曲に自分の思い出が重なることはまったくありません。
そんな私でも、こんなに心に響くのは、
メロディ・詩の素晴らしさ!!なんですよね。
若い方にも間違いなく響くはず、もっともっと聞いて欲しいと強く思います

投稿: hiwa | 2009年7月 6日 (月) 08時35分

こんばんは!
まだまだ素敵な余韻の中でしょうね
hiwaさんの拓郎への想いがう~んと伝わってきて、
なんだか感動してしまいました
hiwaさんは本当に心がまっすぐできれいなんだと思います
そして拓郎への気持ちもまーっすぐ
感激ぶりが伝わってきて、こちらまで嬉しくなってしまいました

投稿: まちゃ | 2009年7月 6日 (月) 20時10分

まちゃさん、こんばんは。
行ってきました!
拓郎は元気で声も迫力でした。
まちゃさんに教えてもらったとおり
どんなに期待しても大丈夫!それ以上の最高の拓郎でした。

今、冷静に考えると、
長時間の待ち+夢のような贈り物→泣きモードへ突入
の影響が大だったような気がします。

まちゃさんの感受性、きっとピカピカですね。
まちゃさんんの次のライブ会場ではさらに盛り上がること間違いなしーー楽しみだね

投稿: hiwa | 2009年7月 6日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際フォーラム:

« 見たい番組 | トップページ | 夢のような贈り物 »