拓郎アルバム

「AGAIN」

届きました!!!
昨夜、そして今日と、聴いています!!!

今日はちょっと遠出だったので、車でじっくり聴くことができました
やっぱり1人のクルマで聴くのが一番!です

Dscn5553

初聴きで一番のお気に入りは

「わしらのフォーク村」・・アハハ
だって
楽しそうな拓郎が伝わって、大学生のころなのかなぁ~って
想像したり、ものすっごく元気もらえます。

そして、朝から、感激しておいおい泣いてしまったのが
「アキラ」
歌詞がちょっとクスクス笑っちゃうところも多いのですが。
ちょっと懐かしいような、せつないような気持ちにさせてくれます

すごいなぁ~

どうだ!的な歌詞とかぜんぜんないのに。
こう・・心の深いところに、ぐさってくるんですよね。
不思議・・・

吉田拓郎の凄さをまた、再確認^^だ

Dscn5556 Dscn5557

今回のアルバムは、
ご縁のあった作詞家の方々がほとんど揃っているのでは。
松本隆さん、岡本おさみさんはもちろん
康 珍化
白石ありすさんや、篠原ともえちゃんまで。

ともえちゃん作詞の「僕の大好きな場所」もいいですね~

| | コメント (0)

一瞬の夏

週末から、雷雨が激しい日が続きます。
なかでも、土曜日の雷雨は猛烈でした。
停電に、信号もあちこちで消えちゃって、
道路が川のようになって・・・・・

群馬はカミナリ多いですが、久々の猛烈雷雨でした。
そんな経験も夏の大切な想い出かな^^

今日は、ちょっと長い運転だったので、出掛けに、CDを棚から選びました
「一瞬の夏」

今にぴったり。
なんかもう、タイトルがいいです。
「一瞬」そうだなぁ~
一瞬に感謝し、一瞬を大切に!って。
そんな風に心がけたいと思います。

私、このいCD、ぜんぜん記憶になかった・・・・汗汗

拓郎の曲解説付きじゃないですか!うれしい↑。
ビッグバンドの演奏は、ゆったり安心して聴けて、気持ちも落ち着きます
おまけに、夏休みには拓郎の呼びかけも入ってる~

今頃・・・・ですが。
聞いてよかった。運転ちょっと疲れたけど、
帰り道にちょうど「家へ帰ろう」♪拓郎に歌ってもらって心も和みました。

いま新曲製作中なのかな。

ミニアルバムでもいいから、早く聴きたいなぁ^^

一瞬の夏

1・ああ青春
2・マークⅡ
3・唇をかみしめて
4・恋唄
5・家へ帰ろう
6・全部抱きしめて
7・夏休み


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE LAST NIGHT IN つま恋

このところ、
吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋
をよく聴いています

Cimg4751 Cimg4752

85年つま恋のライブ版!

中古でいつ買ったのかな・・・
覚えていません。
今までほとんど聞いていなかった気も

ライブ版は79年篠島が大好きだったし。
ライブベストもあるので、そちらを聴くことが多かった

いまさらですが、
収録曲がマニアックなんですね
好きな曲ベスト10に入ってる曲とは遠く離れた、名曲ばかり。

1・暑中見舞い
2・誕生日
3・I'm In Love
4・大阪行きは何番ホーム
5・サマーピープル
6・言葉
7・今夜も君をこの胸に
8・夏休み
9・やせっぽちのブルース
10・ビートルズが教えてくれた

1・いつも見ていたヒロシマ
2・川の流れの如く
3・Life
4・7月26日未明
5・俺が愛した馬鹿
6・この指とまれ
7・明日に向って走れ

一枚目は「愛」の歌が多い
なぜか、私は
サマーピープルと言葉のトコがお気に入り。

サマーピープルはファンの手拍子が入って、
あ~つま恋のあの広場で思いっきり飛び上がってジャンプして、
拓郎に声援おくりたいなぁ~

なんて、想いながら聴いてます

で、言葉が始まると、一瞬シ~ンそして、きゃ~の歓声

青空と緑がきれいになると、野外ライブ行きたい気持ちが↑↑↑です



| | コメント (4) | トラックバック (0)

僕の車

「明日に向って走れ」
久々に聴いてみよ~っと思って、
最近運転中に聴いてます。

好きだなぁ~いいなぁ~と思ったり、
なんだか懐かしい気持ちになったり

今更ですが、新鮮な気持ちで楽しんでいます。

私はこの発売当時、拓郎のことは、まったく知らず、
当時の思い出が重なるとかは、ないのですが、

「風の街」「明日の前に」はとっても懐かしい気持ちになりました。
昨年の東京フォーラムで、「明日の前に」歌ってくれたなぁ・・・
アルバムの声はとっても若い(当たり前か)

そんな中で、わ、好き、と新たに思ったのが
「僕の車」
これは、ぜんぜん印象になかった曲、短いし。
今聞いたら、すっごくいい(気づくのが遅い・・)
特に最初のちょっと静かな歌いだしが・・・好き
このまま、もっと歌って欲しかった気もしますが
途中、すごく明るく展開します

そして、最後に ホンダ シビック
不思議だ、アハ

とにかく、この曲の出だしのとこが、ちょっとお気に入りで、
何回も繰り返して聴いちゃいます。

僕の車
   作詞作曲・吉田拓郎  編曲・松任谷正隆

  やわらかな胸で陽が昇るまで
  そのくちびるからかすかな寝息が
  君は 今 夢の中 強く抱きしめても
  ただ少しふるえて言葉に困ってる
  もうすぐくらやむばかりの明日につつまれた
  君のその愛らしいすべてから離れて
  車を走らせ街をでなければ
  陽が昇るまで 僕の車は待っている
  HONDA CIVIC

(書き出してみたら、ちょっとセクシーな詩にドキリ)

ホンダシビック、ありましたね
私は、ホンダシティに長い間乗ってました。

260pxcivicrs_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「18時開演」感想

Gnj0911030506012p1

皆さんの手元にも、届いているころかな・・
今晩、じっくり鑑賞されることでしょうね。

昨晩から聞き始めた吉田拓郎「18時開演」
最高のライブアルバムの感想を残しておこうと思います。

ーーー

Dsc04195

拓郎から言われたとおり、ヘッドフォンで一人で聞きました。
でも、家のリビングでコタツに入ってなんですけどね。
それでも、へッドフォンをつけ、スタートさせるときは緊張します。
始まると同時に目を閉じました。

聞き終わった、全体の感想は・・・

拓郎の歌声は完璧!パーフェクト!やっぱり最高!
本当にすごかった。。。。

拓郎、いつかまた、歌って欲しい!
心からそう思いました。
やっぱり、歌っている拓郎が大好きなんです。
本当に、こんな歌声!なんだろう・・・

かわいらしく、色っぽく。
男らしく、優しく。
もう、なんて表現したらいいかわからない。

このライブには、幸運なことに私は参加できています。
だから、聞く前は、自分の参加ライブを懐かしく思い出すかなぁ~なんて、割と軽く思ってました。だって、新曲ではないんだもの。

ところが・・・・

まったく違った。自分の参加したライブとは全く別。
全く別の、耳元で拓郎が歌ってくれている、頭の中の空想ライブにいるようでした。

なんだか本当のライブ以上に、素晴らしい気もします。
そんな事いうと怒られちゃうかな・ハハ
でも、ほんと。
じ~と、拓郎の声に、耳を澄ませ。集中することができるし。
そして、目をつぶっていますから、目の前耳元に、拓郎がいるような錯覚でいっぱいです。
・・そう、妄想に思う存分浸る事ができるのです。

でも、サプライズの「無題」は実際の方が感激しました。これは間違いない。

だって、サプライズ!!なんだもの・・・・いったいこれから何が起こるのかわからない状態で拓郎を目の前にした、あの感動は・・・やっぱりすごいものでした。
(聞けてない方々ごめんなさい)

2曲目の「加川良の手紙」の

  ♪拝啓、僕は残念でした~

が始まったとたん・・・・えええ、私ライブでこの曲聴いたかしら??ってくらい。
ライブではぜんぜん、印象に残ってないのに不思議。
この拓郎の歌声、大好きです。
ああ~、わたしは、やっぱり、「歌っている拓郎」が大好きなんだ!と再認識。。

このあたりから、もう、涙モード。
ただただ、拓郎、もう一度歌って欲しい!いつか、帰ってきて欲しい。
そんな想いでいっぱいになっていました。

そして、「ウインブルドンの夢」、涙モードも加速します。

そして、MCが入って、笑わせてくれて、気持ちも落ち着いて。。

そんな事の繰り返し。まったく本当のライブと同じです。

ーーーー

このライブアルバムは、一つのまったく別のライブそのものと思います。

素人でわかりませんが、まったく修正カットなしで発売するって、勇気のいることですよね。
またまた、素人ですが、演奏も完璧、歌も完璧です。
そして、拓郎って、歌うまいですよね~アハハ(そんな感想、子供か?)

こんな素晴らしい体験をさせてくれて、本当にありがとう。拓郎ありがとう。

 

真夜中のタクシーで、会話がめちゃくちゃになってるのに、歌が始まると、す~っと、プロの歌声になってるの、さすが~^^、アハハ当たり前か。

 

まだ、DVDは見てません。
楽しみはすこしづつ、長続きさせなくちゃね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「Long time no see」

今日は七夕です。今は晴れ。。願事が叶うといいなぁ~

Dsc03759

「Long time no see」吉田拓郎 1995年6月21日発売

 1.とんとご無沙汰
 2.淋しき街
 3.夢見る時を過ぎ
 4.オー・ボーイ
 5.マスターの独り言
 6.君のスピードで
 7.永遠のうそをついてくれ
 8.生きていなけりゃ
 9.To the Moon
 10.夕陽と少年

今日は、このアルバムをじっくり聞こうと思います。

買ったまま、あまり聞いていませんでした・汗汗
拓郎さ~ん、ごめんなさい・・

「放っておいてくれて、ありがとう」

「いいえ、どういたしまして」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「176.5」吉田拓郎

中学生になった息子が塾にいくようになりました。
終了時刻がなななんと!「10時20分」。遅過ぎですぅ。
なので、私は最初は後ろ向き。
でも、慣れてくると、夜のドライブが気持ちよくて、
拓郎のCDもガンガン聴けるし、ちょっと楽しんでいます。

そんなわけで、今週は
「176.5」聞きました。
これは、紙ジャケで1年以上前に買って、そのままに。。。。・汗汗・反省

Dsc03709 Dsc03711

1990.1.10

1.落陽
2.星の鈴
3.車を降りた瞬間から
4.俺を許してくれ
5.30年前のフィクション
6.しのび逢い
7.妄想(ゆめ)
8.憂鬱な夜の殺し方
9.光る石
10.はからずも、あ
11.祭りのあと

1.11.は作詞・岡本おさみさん。アレンジは現代風?シンセサイザーを使っていて、原曲とは違った印象です。

2.5.7.8.9.は作詞・森雪之丞さんです。拓郎の曲に初めての作詞者。聞きなれない新鮮な単語がたくさんでてきます。

11曲の中で、私のお気に入りは、

車を降りた瞬間から」作詞・作曲・編曲・吉田拓郎
  メロディーも言葉も、なんだか好きなんですよね~。
  「人生」「川面」「流れて」なんて言葉がでてきて、拓郎の声にピッタリしてる気がして、
  やっぱりお気に入りなのです。

俺を許してくれ」作詞・作曲・編曲・吉田拓郎
  夜空に浮かぶ 星に打ち明けよう
  この世を去って行く 人々の愛情を
  ある時は憎しみで 意識して遠ざける
  狂い始めてる 歯車にからみつき
  家族を 乗り越えたけれど
  家族を 乗り越えたけれど
  心が痛い 心がつらい
  心が痛い 心がつらい

  最初の「夜空に浮かぶ 星に打ち明けよう」のこの言葉が好きです!!!
  もうここでグッときてしまって。。。
  最後の「心がつらい・・」の繰り返しがちょっとつらいですね。
  なにがあったんだろうなぁ~なんて考えてしまいます。

そしてそして、このアルバムで一番すきなのが

しのび逢い」作詞・作曲・編曲・吉田拓郎
 ーーー
 風が吹いてきたようだ
 しのび逢いの風景は そこにあるのに

なんといっても。この歌の「声」がすき。本当に素敵です。
40代の飾らない拓郎のそのままの声!!という感じで。
なにげない歌なんですが、甘すぎず、強すぎず、優しい拓郎の「声」なんです。
一人感激しています!!
詩も、飾らない言葉で。
この拓郎の声で「風が吹いてきたようだ」と歌うと、もうなんかすごくいいんです。
拓郎の声には「風」が合うなぁ~、うん!(また一人感激・笑)

タイトルが「しのび逢い」なので、詩の内容はその時の拓郎の状況なのかなぁ~と思ったりしつつ。。。。

やっぱり拓郎の「声」が好き。
これからもずっと歌い続けて欲しいなぁ^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

新鮮な曲

ツアーまで、あと1ヶ月。
どんな曲が演奏されるのか、あれこれ考えてみますが、
まだまだ、未熟ファンですので、これだ!を思いつきません。
さらに、ここのところ「午前中に・・・」ばかり聞いてまして、ハハ。

今日は、気分を変えて、「ローリング30」を聞きました。
それも、C・D・E・F面(レコード)の。
(レコードをCDに録音したものです)

久々に聞いてものすごく新鮮でした。

1・狼のブルース
2・旅立てジャック
3・白夜
4・わけわからず
5・冷たい雨が降っている
6・虹の魚
7・言葉
8・Baby
9・無題
10・海へ帰る
11・君の街へ行くよ
12・素敵なのは夜

特に、「Baby」「無題」はなんだか、とっても心に響きました。
若い拓郎の声も新鮮です。

 

「無題」 作詞・松本隆 作曲・吉田拓郎 編曲・松任谷正隆

   もし淋しさがインクだったら
   今夜君に手紙を書ける
   ついさっき 沈む夕陽が
   僕の肩を貫いたから
   川の流れが激しすぎるよ
   オールをどこか さらわれちまった
      ねぇ君 そんなとき 向こう岸から
      手をさしのべてくれるかい
      ねぇ君 それとも男と女には
      友情さえ ないんだろうか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

COUNTDOWN TV

すっかりご無沙汰してしまいました・汗汗
あれこもこれも、日々「ああ感動ぅ!記事にしたいぃぃ~~」と思うことはいっぱいあったのですが、パソコンから離れた生活がちょっと続くと、なかなか・・・・(いいわけ)
また、思い返して、あれこれ残しておきたいなぁ~と思います。

今日は、今感動したことを!

またまた、テレビの話題ですが、
昨夜の「COUNTDOWN TV」TBS深夜0:58~おまかせ録画で勝手に録画されていて、
今ちらっと確認しましたら!

じゃじゃじゃ~ん!!

Dsc03623

吉田拓郎「午前中に・・・」今週のアルバムランキング 6位!!!

番組HPも教えていただいたので、追記しちゃいます。

TBS「CDTV」 http://www.tbs.co.jp/cdtv/

今週のアルバムTOP10

1 PUZZLE 関ジャニ∞
2 湘南乃風~JOKER~ 湘南乃風
3 DO YOU DREAMS COME TRUE? DREAMS COME TRUE
4 そしてもう一度夢見るだろう 松任谷由実
5 THE BEST '03~'09 安藤裕子
6 午前中に… 吉田拓郎
7 NEXT LEVEL 浜崎あゆみ
8 美 我 空 - ビガク~ my beautiful sky 剛 紫
9 I Love You Various Artists
10 The Secret Code 東方神起

 

トップ10入り最年長記録更新!!って、すっごく話題になっていたので、
わかってはいましたが、
こうして、ちゃんと録画保存できたので、すっごくうれしいぃぃぃです。

残念ながら、動画はありません、
アルバムジャケットをアップにしたり、
下から上へ写したりと、ただそれだけでした。。。。

「ガンバラナイけどいいでしょう」が流れ。

♪が~んばら~ないけど~いいでしょう~♪

・・・・・・ここは本当に耳に残るメロディです。
近くにいた娘も、その後しばらく、「が~んばら~ないけど~」と歌いながら、家の中をうろうろしてました。(単純です・笑)

この青いジャケットも美しいのでした、うん!よかった。

「午前中に・・・」

   1.ガンバラナイけどいいでしょう
   2.歩こうね
   3.フキの唄
   4.真夜中のタクシー
   5.季節の花
   6.今は恋とはいわない
   7.ウインブルドンの夢
   8.早送りのビデオ
   9.Fの気持ち
   10.あなたを送る日

 アルバム10曲、涙が溢れてくるのはありませんが、
 どれも優しい気持ちで聞けて好きです。特にお気に入りは 

   3「フキの唄」と9「Fの気持ち」
   何回聞いても、明るくて楽しくて、つい音量↑↑を上げたくなります。

Dsc03625 Dsc03627

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「無人島で・・・。」

ココのところ、拓郎のアルバム「無人島で・・・。」を聴いています(なんとなく)。
これは紙ジャケットで購入したまま、ほとんど聴いていませんでした(またか)・・反省。

まだまだ聞き込みは足りませんが、ちょっと感想など。

注)4月15日発売予定のニューアルバム「午前中に・・・」と「・・・」が同じだから、
  聴いてみたわけではありません・笑

1981年11月5日発売

Dsc03470

    1.この指止まれ
    2.春を呼べⅡ
    3.Y
    4.ファミリー
    5.パーフェクト・ブルー
    6.風のシーズン
    7.無人島で・・・。
    8.愛してるよ
    9.白い部屋

1~4はライブでも歌われたりして、もちろん好きな曲。
「Y」「「ファミリー」は特別に好きです。
拓郎の気持ちがそのままの言葉で、伝わってきます。

「Y」は拓郎が大好きなサーファーの女の子を歌ったのでしょうね。

   何て事の無い 出会いって言うんだろう
   ただ、笑ってる君が居て
   いつものように僕は酔っていて

   少し日焼けした肩に 髪の毛がフワリ
   それが心をくすぐったよ
   そんな感じが なつかしかったな

   ------- 

   知っているよ 本当の君の淋しさを
   優しい心の奥を
   だからいつも 言葉も少ないんだね

   なぐさめたり なぐさめあったり
   つまんないことだよね
   このままが一番に 思えるものね

1~4は、作詞作曲・吉田拓郎

5~9は。作詞・松本 隆

一枚のアルバムに入ってるのが不思議なくらい、1~4と5~9は雰囲気が違うように感じます。
5~9はカップルの様子が浮かんでくるような、恋の歌。
松本さんの詩は、本当にそのシーンが映像が浮かんできますね。

最初、歌詞カード見ていなかったので、拓郎作詞かとおもって、
「愛してるよ」「白い部屋」はすごい愛の歌!
いったい誰のことを、歌ったんだろうと、あれこれ推測しちゃいました・汗。

でも、な~んだ!拓郎作詞じゃなかったんだ。。。。ふ~んなんて思ったり。  

 「愛してるよ」は「愛してるよ」って、1番で6回も繰り返します! 

 「白い部屋」   

   -----

   もう何も考えないよ
   ぼくの頭は空っぽで
   君が小さな叫びを洩らせば
   果てしなく 果てしなく
   心の宇宙を駆け巡るのさ

   だってここは白い部屋だもの
   愛するより大切なことなんて
   人にあるだろうか
   静かだよね 静かだよね 静かだよね

ちょっと色っぽいですぅ。

おまけ:夏のライブは「日焼けした肩に髪の毛をフワリ・・・」で、行きたくなりますね。
     カントリーでだったかな「歳を考えて、今はやめてね」と
     拓郎も止めていたような・汗
     ごもっともでした・涙

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧